ビューホット!注目されている新しいわきが手術

今の時代はワキガの治療を行っている人も多くなっているのですが、何よりも最大のメリットとしてお勧めできるのは、ビューホットです。切る必要もなく、ダウンタイムもなく、どんなワキガの場合でも治療する事が可能となっています。

ビューホットの治療については、95%以上が治療効果を期待する事が出来るという人が多く、それも1回の治療で満足できる効果が期待できる点です。更に切る必要がなく、メスを使わず、皮膚も切開する必要はありません。

治療後もキレイな状態で、皮膚の火傷や引くつれもなく、快適に過ごす事が出来ますし、脇の固定などもなく、治療した後ですぐに運動を行う事が出来ますし飲酒もOKとなっています。

施術時間についても短時間で両側を行う場合でも30分程度で治療を完了する事が出来ます。更に子供でも治療する事が出来て、小学生でも治療する事が出来ます。施術後の固定や運動制限などもなく、動きが活発な時期の小学生でも治療を受けることが出来ます。

ビューホットは、局部麻酔が必要になります。実は局部麻酔もドクターより麻酔時の痛みがすべて異なってきます。そのために、局部麻酔を行う事により、痛みのない治療を行う事が出来るという事なのです。

ビューホットの原理ですが、皮膚面から約1.0mmを治療開始位置をして、0.5mmおきに深度を深く照射していきます。装着の表面からは、常に冷却がおこなわれているので、皮膚の表面のダメージは最小限に留めることが出来て、火傷などの危険性を抑えることが出来ます。

皮膚の表層に近いところにあるエクリン腺を確実に照射します。深度を変える事により、皮膚の深いところにあるアポクリン腺も確実に破壊する事が出来て、皮膚表面より約4mmの深度まで照射していきます。

実際に小学生でも治療を行う事が出来ると言われていますが、きちんと自分に合った治療かどうかきちんと知ることがワキガ改善に繋がっていくと思います。きちんと自分に合った治療法で治療を行っていきましょう。

切らないわきが手術ミラドライの良い点

ミラドライわきが手術の良い点ですが、何よりも切る必要がない手術なので手軽に行う事が出来ますし、逆に治したいと感じている人も切る必要がないので受けてみようと検討する事ができるという点です。

ミラドライわきが多汗症の医師団がきちんと治療認定を受けている全国各地のクリニックが提携を行って、治療改善を進めているスペシャリストの集団なのです。ミラドライの豊富な症例を元に研究や意見交換などもきちんと行っています。

技術向上のためにミラドライの効果を高め、全国の治療希望者により良い結果を届けることが出来るようになっています。メスを使わない手術なので傷跡が残ってしまうという事もなく、最新医療機器を採用して、ワキガや多汗症の治療を行っていく事が可能となっています。

ミラドライのメリットですが、1回の治療で満足度が88%で非常に高いと言えます。脇の臭いや汗の元になる汗腺を破壊するので、手術と同じくらいの治療効果を期待する事が出来ます。ミラドライ照射法と麻酔方法に独自の工夫をこらす事により、不安視されている術後の腫れや副作用なども最大限に減らす事が可能となっています。治療効果自体を高めることについても成功になっています。

今までのワキガ治療に関しては、ワキガを切開するなどの手術で汗腺を取り除く方法が主流となっていました。傷跡が少なからず残ってしまう方法しかありませんでした。汗を解消する新しい治療になり、施術後の審美性を損なうことなく治療を行う事が可能となっています。医師団独自の治療法を用いることにより、術後の腫れや副作用を最大限減らっす事が可能となっています。

また、ダウンタイムが非常に短く、手術に起因する症状が落ち着くまでの期間は、ミラドライ治療のダウンタイムは他の施術と比べると非常に短いので、手術日から入浴を行う事が出来るようになっています。手術後も外見で手術をしているかどうかわからにので、普通通りの生活を送ることが出来ます。分からない程度の腫れが少し続くこともありますが、問題ありません。

今の時代は、何よりも身だしなみなどを皆が評価している状態となっていますので、その中で自分らしい治療を行っていく必要がありますが、傷跡などが気になっている人も多いと思いますが、それをなくすことが出来る治療法を選択する事により、自信を持って普段通りの生活で誰にも気づかれることなく治療を行う事が出来ます。

ワキガの元凶であるアポクリン腺の人体における役割

ワキガの元と言われているアポクリン腺の役割って知っていますか?実際に体は体温が上がる事により汗を出します。体温調節の一つで発汗する事により体温を下げることも出来て、生理反応として当たり前の事です。

アポクリン腺は汗を出す腺の一種ですが、その役割は少し異なっていて、体温調節のために汗を分泌するのではなく、異性を惹きつけるフェロモンとしての役割があると言われているのです。

ワキガの原因となっているアポクリン腺から分泌される汗は様々なものが含まれています。皮膚に存在する常在菌により分解されると、独特の異臭、刺激臭を発するようになります。これがワキガの臭い発生の原因となります。

汗自体にはほとんど臭いはありませんが、汗腺から分泌された汗の成分が皮膚の常在菌により分解されることにより、異臭や汗臭さを発してしまいます。皮膚の衛生状態が悪いと臭いがきつくなってしまいます。

ワキガの原因ですが、アポクリン腺がワキガの原因となっていますが、実際にワキガになりやすい体質が存在しているのです。親からのエデンというケースや生活習慣の乱れにより発症する事もあります。

生活習慣の乱れでは、ストレスや食習慣が関係していると言われていて、ストレスが大きかったり、食生活に偏りなどがあると汗の分泌量や臭いに変化が出ます。

ワキガは思春期など、多感な時期に発症する事があり、ワキガの臭いが原因でいじめなどが起こってしまう場合もあり、人間関係において悪影響を与える場合もあると言われています。

自分では、その臭いに気づきにくいという事もあり、自分は何も悪いことをしていないと感じても、周囲の人と距離があると感じてしまったりする事により、心の負担になってしまう場合もあります。

ワキガを対策するためには、何よりも皮膚を衛生な状態にしておくということが大切になってきます。皮膚の衛生状態が悪い場合には、それだけ常在菌が繁殖して、汗を分解してしまい、ワキガの臭いを強くしてしまいます。

また、デオドラントなどを使ってみるという事も試してみる価値はあると思います。最近では、制汗剤デオドラントはワキガ専用の商品も増えていますので、消臭と同時に制汗作用の効果を期待する事が出来ます。

さらに、アポクリン腺から出る汗の成分は、日々の食事から摂取したもので、脂質や糖質などを普段の食事で過剰に食べ過ぎないようにする事が大切になってきます。

実際に自分では臭いがわからないという場合もありますが、清潔に保って、日常の食事やケアを見直す事により、臭いを軽減する事が出来ますので、規則正しい食事を心がけるようにしましょう。

市販で買えるわきが対策クリーム|人気のものをチョイス

最近では市販でもワキガ対策用品などが販売されています。その中で人気の商品はどんなものがあるのでしょうか。実際に、市販の商品できちんと対策を行う事が可能となっていますので、是非参考にしてみてくださいね。

・パウダースプレータイプのエイトフォーです。CMなどでもおなじみだと思いますが、有名なワキガ対策アイテムの一つになっています。スプレータイプには、香料付きのものが多く、女性向けのアイテムとしては、フローラルの香り、石鹸の香り、シトラスの香り、マリン系の香り、無香料のものと様々な種類があります。

長時間の持続性がないので、1日ずっと効果が続くというわけではなく、雑菌力や保湿力がないので、ワキガケアとしては少し力不足となっています。一時的な体臭ケアには効果的です。

・ロールオンタイプは、スプレーとは違って、ピンポイントで部位に塗ることが出来るタイプです。ボールの部分をコロコロと脇に塗り込む事により成分が浸透していきます。スプレーよりもワキガケアには適しています。

外出する前や就寝前につけることにより効果を発揮する事が出来て、スプレーに比べると液が乾きにくいので塗った液が衣類に付着する場合があります。外出直前などの使用は特に注意して使用する必要があります。

・クリームタイプは、最近人気となっています。脇や気になるところに直接塗るので、配合されている有効成分も浸透しやすいというのが最大の特徴になっています。メーカーもテクスチャは若干固めのタイプが多く、伸びにくい印象です。

塗り込むという作業が発生するので、手を汚してしまうというデメリットはありますが、成分の浸透しやすさや持続性では一番効果が高いと言えます。特に強い体臭やワキガで悩んでいる人には効果を期待する事が出来るアイテムとなっています。

・スティックタイプです。リップクリームのような使い勝手の良さが人気となっています。直接わき塗ることが出来て、クリームタイプとは違って手を汚す必要なく塗ることが可能となっています。

消臭効果や制汗効果がクリームと比べると若千落ちるという声もありますが、ロールオンタイプと同様に同じ部分を繰り返し脇に塗っていく事になりますので、衛生面が
気になるという人が多いようです。

ドラッグストアや薬局など市販で購入する事が出来るアイテムも多くありますが、価格も様々となっています。一時的な臭いを対策するためにはお勧めできますが、強烈な臭いをカバーする事は難しいと言えます。

さらに、市販で購入できるアイテムが、持続性がなく、様々な香りで逆に臭いが混じってしまい余計に臭いと感じてしまう場合もありますので注意が必要になってきます。